2022年7月15日金曜日

ウォーキング



 今、ウォーキングに関しての色々な本が出てるが

どれも、正に、その通りって言う本ばかり

しかし、あれこれ、自分の思い通りにする事が

1番、キツけりゃ休めば、良いし。要は如何にして

継続するかが1番の問題や。だから、無理すると

嫌になる。だから、気楽にすれば良いのだ。

私のウォーキングは、音楽を聴きながら

首にはヒヤッとする巻物を巻き

クリニック扇風機を胸元に挟んで

大体、3km位かな?距離とすると。

今の所、二か月は、続いてる。

結構、足腰強くなった気がする。

自分に思い込ませるのも、秘訣だよ

効果を出すね

良かったら、あなたも試してごらんよ

医者って数字は、見るが、患者は診ない

 医者って数字は、見るが、患者は診ない

和田秀樹さんの著書「80歳の壁」
に書かれていたそうです

「病院に行かないほうが死なない」

「医者は数字は見るが、患者を診てない」
現役精神科医が指摘する、これらの事


正に現実として私の家族にも起こりました

女房が甲状腺の病である病院に掛った時に

クスリを増やす事が中心で血液検査も

3か月前におこなったまま、タダ症状を
患者から聞いて薬を追加していくのみ

薬が効けば、未だ安心はするけれど

薬は全く効果なく胃を悪くするだけ

又、頭痛がすると言う事で別の病院の脳外科

を受診してMRIを取った所、甲状腺を

出す所の壁が厚くなっているのでって用心の為

大きな病院を紹介され、そこでも血液検査や

MRIやらを取られた結果、下垂体に腫瘍が

出来ているので1週間後に手術予定が決定

その日は何もしないで帰宅。

二日後、以前から食欲不振だったが

脱水症状が出て、ふらふら状態で

再度その病院に再診、即点滴を

打って、その日から入院する事になった。

検査検査で入院も21日の予定だったが延期

延期理由は
先ず脱水傾向とホルモンバランスが

崩れているので、それを治してから

手術と言う流れになった

幸い、腫瘍は良性で鼻から

器具入れて脳の中の下垂体腫瘍を

取り除くようなのですが、、、


私が言いたいのは患者の今の状態を
良く聞きだして、楽になる
方法を良く考えて処方してほしい


このようなケースって何処の病院でも
起こっているのではないのでしょうか?
病院側も患者(顧客)が居ないと経営が
成り立たないんだから、コロナで充分に
認識したのですが


医者って数字は、見るが、患者は診ない


全 く関 係 ない 写 真 集


 
    
  

写真の配置の仕方が判らん!!けれども
まあ!!いいじゃん





アメリカの検証結果 マスク別効果

​​​ N95/KN95マスク子供用 N95/KN95マスク大人用 実際のマスク装着の効果を検証した アメリカのカリフォルニア州での 研究では 屋内でのマスク着用の 遵守状況と感染しやすさを 比較していますが 布マスクでは56% 不織布マスクでは66% N95/KN95マス...